top of page
圆形单个球0726.gif

MoldBreakingは「2023年ビューティー海外サミット」で 「Flying Sail Award」の「年間サービス賞」を受賞

5月11日、美容.comが主催し、Nox Bellが命名した「2023年ビューティー海外サミット」が無事に幕を閉じた。MoldBreakingの創立者兼 CEO である郭兮若氏が招待され、「日本における中国ブランドの進出方法解説」にテーマに講演を行いました。また、MoldBreakingは、日本のBEAUTYブランドの海外展開をサポートするブランド管理会社として、美容.comが発行する「Flying Sail Award」の「年間サービス賞」を受賞しました。



郭兮若氏の講演では、日本市場の現状と差別化を詳細に分析し、花西子、Colorkey、Flower Knowsなどのブランド事例を参考に、ブランドが海外から日本に進出する際の実践的な戦略とロジックを詳しく解説しました。

郭氏の見解では、中国ブランドはグローバル化の波が押し寄せているといいます。日本市場を開拓する方法について郭氏は、中間価格で大衆向けのブランドが最も可能性が高い一方で、高価格帯ブランドの場合、共感という最もシンプルな形のプロモーションが必要であると述べました。


中でも特に言及すべきなのが、郭氏がMoldBreakingでの実践経験および自信の17年に渡る日本での生活経験から導き出した、中国ブランドの日本展開における「7つのキーワード」です。「見通せない、イベント企画、越境、チャネル開拓、OMO戦略、公式サイト、百億突破」。このうち、“越境、チャネル開拓”は商品の海外展開段階であり、“OMO戦略、公式サイト、百億突破”はブランドが海外展開した状態のことを指します。海外展開とは戦略であり、同時に創立者にとっての二次創業でもあります。



同日、美容.comは「Flying Sail Award」の表彰式も実施しました。MoldBreakingは「Flying Sail Award」の「年間サービス賞」を受賞し、ブランドの海外展開において最前線に立っていることを讃えられました。業界においての指標にもなり、今後より多くの中国ブランドが日本展開において成功することが期待されるでしょう。



海外展開はチャンスとチャレンジが共存するもの。しかしながら、喜ばしいことに、MoldBreakingは常にブランドと共にあります。中国ブランドがと共に日本からスタートし、グローバルに向けて歩んでいけることを期待しています。

Kommentare


圆形单个球0726.gif
bottom of page