© 2019 MoldBreaking,Inc. Copyrights all reserved.

東京オフィス     MoldBreaking,Inc.

設立      2014 年10月03日

資本金     2000万円

業務内容    動画広告領域全般におけるプロモーション・マーケティング業務
代表取締役   郭 兮若

住所      〒114-0012 東京都北区田端新町3-7-6中田第3ビルB1F

電話      03-6807-6989

ファックス      03-6807-6982

上海オフィス  上海摩柯广告伝媒有限公司

業務内容    ブランディング企画&実行

資本金     1000万人民元

設立      2015年07月16日

住所      上海市長寧区凯旋路369号龙之梦雅仕大厦19階

電話      021-3166-0897

香港オフィス  OIiO Pictures Co.,Limited

業務内容    デジタル動画コンテンツの案件投資

住所      香港九龙旺角道33号凯图发展大厦7楼04室

中国動画メディア一覧

83メディアパートナー
CHINESE 
MEDIA
LIST
​中国配信メディア一覧
中国動画メディアの動向

中国ウェブ動画市場の成長の要因は、政治面、経済面、社会面、技術多方面など様々です。政治面から見ると、中国の政策による重視度があがり、全体的に市場の成長に有利な環境が出来ています。経済面では、近年の中国国民全体の平均賃金の上昇などにより、人々の生活水準や経済力が向上し、芸術、エンタメ、ファッションなど様々な文化への関心やニーズも年々スピードをあげて高まっています。社会面では、近年モバイル環境がより普及し、中国インターネットユーザー数は8億人とも言われています。

世界の動画市場を見ても同じような状況ですが、中国の動画市場は特に大量な資本投入が続き、業界内の競争が厳しくなっています。そのような状況の中、
『コンテンツの質』『細分化』がより重要になっています。HuluもNET FLIIXもハイクオリティーなオリジナルコンテンツに力を入れ、視聴者を獲得してます。中国の動画メディアは、さらに細分化し様々なジャンルのカバー、クオリティの高い動画コンテンツの制作の両軸を重視し、コンテンツのバラエティーと質の両方を求める市場まで成熟してきています。細分化の結果、ジャンルを絞り、差別化を測った様々な動画プラットフォームが生まれ、ライブ配信等人気を集める新たな動画形態も生まれ普及してきています。

​それに合わせ、マーケティングやコンテンツ配信も一辺倒ではなく、それぞれの案件に合わせたスペシャリストによるコンサルティングが中国での成功の重要なキーになります。

 

テンセント(https://v.qq.com/)

2017年9月時点で、Tencentの有料会員は4300万を超えている、一月のTencent Video Appでの総動画視聴時間は32億時間以上にものぼる。ユーザーあたりの平均視聴時間も月間437分間、約7時間ほどにもなる。Tencent Video Appの一日のアクティブユーザー数は1.5億+、月間では5.4億人を超えています。

アイチイ(http://www.iqiyi.com/)

iQIYIは基本的に無料で視聴することができる動画プラットフォーム、一部有料会員コンテンツも含まれる。有料会員数は5080万を超えるえ、スポーツ、音楽、ファッション、アニメ、映画、テレビドラマ、バラエティなどを幅広くカバーするメガポータル動画サイト。

ヨウク(http://www.youku.com/)

ヨウク(Youku)は中国最大のオンライン動画プロバイダー。マンスリービュー数は236億(ユニークビュー数は5億8000万)で、ユーザーの60%近くが30歳未満。2015年に中国のアリババ(Alibaba)から35億ドル(約3600億円)で買収された。ヨウクは日本におけるYoutubeのようなポジションを確立している。コンテンツも多岐にわたりドラマシリーズ、バラエティショー、映画、アニメーションなどに加えニュース報道、ドキュメンタリー、文化、金融、ライフスタイル、音楽、スポーツ、ゲーム、までカバーする中国最大の動画メディア。

マンゴーTV(https://www.mgtv.com/)

マンゴーTVの1日の平均アクティブユーザー数は2億2000万であり、PC端末での月間総視聴数は2億4000万人に達しており、スマートフォンAPPのアクティベーション数は5億5000人です。

LeTV(http://www.le.com/)

LeTVのアクティブユーザー数は3億5,000万人を超える、業界初のIPO上場企業であり、中国で最初に上場をはたした動画メディアです。

ソウフウ(https://tv.sohu.com/)

ソウフウ(SOHU)は、中国の高精細映像での映画やテレビ視聴専門のメディア。高精細映像による映画、ハイビジョンテレビ、ハイビジョンドキュメンタリーの動画プラットフォームです。ユーザー登録数は1億人を超え、1日あたりの総視聴数は2億5,000万以上を記録しています。

bilibili(https://www.bilibili.com/)

Bilibilはニコニコ動画が開発した弾幕と呼ばれる画面上にコメントを表示する機能を持つことが特徴。まさにニコニコ動画のようなポジションにいるサブカル系に強い動画メディア。日本の番組と提携して正式コンテンツとして配信することも。また、日本のアニメ系イベントに出展したり、bilibiliに連携して遊べるゲームアプリも巨大な事業になっている。これらのモバイルゲームに関するイベントを生放送で行うこともある。2017年のグループ売上3億7939万米ドルの内訳は、モバイルゲーム事業が3億1634万米ドル(83.4%)、ライブ配信&付加価値サービス(会員費、ビデオコンテンツ・仮想アイテムの販売)が2711万米ドル(7.1%)、広告収入が2446万米ドル(6.5%)、その他(通販・オフラインイベント)が1146万米ドル(3.0%)である。2018年3月末にはNASDAQに上場。上場時の時価総額は31億3000万ドルとなった。

AcFun(http://www.acfun.cn/)

中国初の視聴者のコメントが流れる機能(ニコニコ動画のようなスタイル)を持った動画メディア。AcFunは「Anime Comic Fun」の略称で、2007年6月6日にサービスを開始した。最初はアニメ連載サイトだったが、2008年3月からニコニコ動画のようにコメントのできるFlash Playerを有するようになった。現在のAcFun自体は動画ファイルをホストせず、新浪や騰訊などのサイトで動画がホストされる。

ku6(https://www.ku6.com/index)

ポータル動画メディアku6.comは報道、バラエティー、音楽、海外映画、ライフスタイルからオリジナルコンテンツまでを網羅する。オリジナルコンテンツやキュレーションされたコンテンツを提供し続けることで、ku6.comは常に中国のオンラインビデオ市場のリードする存在になっています。

56(http://www.56.com/)

2005年4月に設立された56.comは、中国を代表するビデオ共有サイトに成長しました。「ビデオを共有して幸せを分かち合う」というキャッチコピーは、56.comの創業からの概念でありインタラクティブ、コンテンツ共有のためのウェブサイトの属性は、次世代のユーザーの多様なニーズを満たすものであり、不動の人気を確立しています。

360テレビ(https://www.360kan.com/)

360テレビは、ポータル動画プラットフォームの運営に加え、インターネットおよびモバイルセキュリティサービスの世界有数のプロバイダであり、中国第3位のインターネット企業です。

Fun TV(http://www.fun.tv/)

北京を拠点にする風行網有限公司は、シリコンバレーで長年にわたり国内通信業界に携わってきたアプリケーションソフトウェアの専門家によって​2005年9月に設立された。高品質のストリーミング動画配信、コンテンツ検索エンジン、出版技術の研究開発にも携わっている。 ビデオネットワーク分野の最先端企業として、広く普及している次世代P2Pネットワークプラットフォームは、異なるネットワーク環境のユーザーが高速で高品質のストリーミングメディアサービスを楽しむことができ、大規模なストリーミングメディアコンテンツ操作のしきい値を効果的に低減させ、ブロードバンドインターネットアクセスを可能にし動画メディア環境に大きく貢献しています。風行網には累計5億900万人のユーザーを誇ります。

トゥードウ(http://www.tudou.com/)

世界で最も先進的なP2Pオンデマンド、高速、高精細、数万の無料映画、オンラインTV、アニメーションからバラエティまでカバーするメガポータルメディア。中国国内外にも人気が高くそのコンテンツはとても豊富で中国だけではなく、日本や米国のアニメからドラマまで大量の動画があリます。優酷土豆網は、動画共有サイトトップの優酷(YOUKU)と土豆(TODOU)が2012年に合併して全体のシェア3割を越えるサイトとなりました。

バオフ(http://www.baofeng.com/)

Storm Codec (Baofeng) appは、映画、テレビドラマ、アニメーション、バラエティなどを幅広くカバーする。オンデマンドとダウンロードともに再生可能。 韓国ドラマやアメリカドラマなどのコンテンツが充実し海外ドラマファンから大きな指示を集めています。

シナビデオ(http://video.sina.com.cn/)

シナテレビはニュースメディアとしてスタートし現在もその性質を持っているメディアです。2006年から2009年にかけて中国国内で3億8000万ドル利益を上げた。中国初のグローバルニュースビデオ共有プラットフォームとしての地位を確立。4年連続でインターネットユーザーから最も信頼されたニュースメディアを獲得し「迅速かつタイムリーなニュース速報」と称賛されました。

V1テレビ(http://video.sina.com.cn/)

VOD ONEは、「秒速レビュー」を特色とするショートフィルム集約プラットフォームである。VOD ONEグループに所属しています。 最新、話題のトピックに焦点を当て、著名人から、一般ユーザーまでがレビューで参加して作られるメディア。

Please reload

モバイルメディア

​中国インターネット人口は7億人を超えています。そのうち約90%以上がモバイル端末からのアクセスと言われています。そのためメディアもスマートフォン向けのアプリでの情報発信に力を入れています。今後もモバイル端末向けのメディアの存在感、重要度は増していくことは間違いありません。

ウェイボー(http://jp.weibo.com/z/)

ウェイボー(Weibo)は、Sina.comが提供するソーシャルネットワーキングサイトです。日本で言うところのTwitterとフェイスブックをミックスしたような中国最大のSNS。 ユーザーは、Webページ、WAPページ、携帯端末、SMS、MMS経由でメッセージを投稿したり、写真や動画をアップロードし共有することが可能です。2017年9月現在、Weiboの月間アクティブユーザー数は3億7,600万人を超えています。様々な王手メディアもWeiboにアカウントを持ち動画の配信を行なっているためWeibo自体が巨大なMCNとして機能している。